お買い上げ金額 11,000円(税込)以上で送料無料
kaico(東京)
白い琺瑯「kaico」

光沢のある白と天然木の組合せが美しい、琺瑯のキッチン道具「kaico」。日本のキッチンに映えるkaicoは家具デザイナーの小泉誠によってデザインされました。

琺瑯は、透明感のある美しい表面を持ちながら、酸にもアルカリにも強く、金気や臭いを食材に移さず、変色や摩耗にも強い素材です。表面は硬く滑らかなのでお手入れも簡単、熱伝導率が低いので保温性にも優れています。

それらの特長を充分に理解したうえで、kaicoは琺瑯という素材自体が持つ性能のみに頼るのではなく、道具としての機能を追求し、従来の琺瑯製品づくりの常識や枠にとらわれない視点からのモノづくりを取り入れています。

ホーロー製品の製造を行う昌栄工業と小泉誠は試作と議論を重ね、持続可能な製品を目指しながら、使い勝手の良さを追求し続けた結果、まったく新しい機能や加工技術を生みだしました。

…豺で火を受けやすく安定した形状
∪いやすく清潔な蓋のエッジの仕上げ
0汰汗を追求した取手の留め金具
む諤腓捻れてしまう生地のデティールにまでこだわり手を加えた細部の仕上げ
シンプルがゆえに製作困難な形状にも挑んできた、挑戦の商品です。

kaicoの開発時、テーマは国産製造であること、そして「白と天然木」でした。昭和初期の製品に見られるような古く懐かしい「懐古」、繭のように白い「カイコ」。天然木以外の、外観から見える琺瑯部分は「すべて白い」という条件を自らに課し、「白」にこだわり、従来の常識では琺瑯がのりにくいとされていたエッジ部分には、試行錯誤の末特殊加工を施し琺瑯をのせることに成功、通説を打ち破った「すべてが白いkaico」を作り上げたのです。

kaico(東京)

絞り込み検索:

TOP >>